超能力者に予知・予言

わたしたちの未来に迫る危機を知ることができれば、あらゆる難を逃れることができるはずですよね。ここでは、世界で起こる予言を的中させている超能力者を紹介したいと思います。

アメリカのRonald H. Bard

(ロン・バード)

 

911テロやビン・ラディンの死などを予言して的中させた全米がナンバーワンと称されるサイキッカー。ハリウッド俳優や実業家などを顧客に持ち、経済誌『フォーブス』で紹介されたことがある唯一の超能力者。

聖天教の兆象大宰

(ときかたたいさい)

 

聖天教の教主である兆象大宰氏は、日本で存命する超能力者の中でも、予言の的中率が最も高い人物といわれている。メディアによるトリックがないため影の実力者との声も。ブログの予言や彼が引く御籤が当たると注目されている。

 

 

イタリアのMaria Rosa Busi

(マリア・ローザ・ブーシ)

 

イタリアで未解決となっていた二つの難事件を続けて解決に導いたことにより、有名になった超能力者。イタリアでは「聖母の再来」といわれている。日本のテレビ番組でも特集されたことがある。

 

 

アメリカのGale St. John

(ゲイル・セントジョーン)

 

アメリカでは1000件をこえる依頼をこなし、その透視結果はなんと90%越えと驚異の透視精度を誇る。日本のテレビ番組でも取り上げられ、日本での知名度が高い超能力者である。

 

 

大本教の出口王仁三郎

(でぐちわにさぶろう)

 

大本教の教祖である出口王仁三郎氏は、生前に世界中で起こる数々の予言を的中させてきた。その的中率は95%とも言われていたが、終戦とともに知る人も少なくなった。現在までも、長期間に渡る予言が残されている。

 

 

イギリスのJoe Power

(ジョー・パワー)

 

超能力捜査の専門家で、「死者の声を聞く男」として数々の難事件を警察に協力して解決解決へと導いてきた。日本の捜索系テレビ番組にも登場しており、知名度が高く、交霊や透視が得意分野。

 

 

世見の松原照子

(まつばらてるこ)

 

ブログ上で東日本大震災を予言し、的中させたことで有名になった日本一の知名度を誇る超能力者。出版した書籍も人気があり、頻繁に予言をブログに連ねているため、否定派もいるものの着実にファンを増やしている。

 

 

ブラジルのJucelino Nóbrega da Luz

(ジュセリーノ・ダ・ルース)

 

夢で見たことが現実となるといわれている予知能力者。予言率90%以上といわれ、彼は余地夢を見るとそれを警察に報告しているという。実際に起こった事件や災害があり、注目され続けている。