願いが叶う❤恋のおまじない

「好きな人と両想いになりたい」「明日のデートが楽しく過ごせるように」…etc。恋する女性には、願掛けしたい局面が何度もあるはず。古来より幾多のおまじないが行われていました。簡単にできる恋に効くハッピージンクスをピックアップしたので、試して恋のチャンスを活かしちゃいましょう。おまじないは複数同時にかけずに、一つずつ行うことが大切です。

右手の小指に香水を付け、右手を左側の胸にあてて「ウァリー ウァリー オブラザリー リリィー ササミュラー」と3回唱えた後に、願い事を唱える。
小指の香水の香りが消える頃、徐々に願いが叶い始める。

「バローアリエーネルコールピウリータ」と唱えた後に、願い事を唱える。
これを5日間続けると願いが叶う。
※効果絶大のため、軽い気持ちで行わないこと。

左腕に「☆」を書く。
その上に絆創膏を貼り、心の中で願い事を唱えて眠る。毎日続ければ1ヶ月以内に叶う。

就寝前に天に向かって「大神様 守りたまえ、さちはえたまえ、」と(2回) 唱える。

「今日も一日ご守護を頂きありがとうございます。」と感謝の意を示した後に、具体的に願い事を祈る。

「かんながらたまちはえませ」 と (2回) 唱える。

3cm四方の白い紙に、白の色鉛筆で願望を書く。紙粘土で5cm程の天使の羽根を作り、願望を書いた紙を4つに折って羽の中に入れる。紙粘土が乾かないうちに、ブルーの刺しゅう糸で輪を作り、紙粘土に通してキーホルダー状に。鞄につけて毎日持ち歩けば、天使が願い事を聞いてくれる。

恋の願いには赤、友情の願いには緑、勉強の願いには青のヘアアクセを願い事を唱えながら髪につけると願いが叶う。

満月の夜に月を見つめながら、願望成就の状態をイメージする。その後、手を胸の前であわせ、「願いを1つだけかなえたまえ」と唱えれば願いが叶う。9月15日が最適日。

蕾の花をガラスの花瓶に入れて、願いを込めて花瓶に青いリボンを結ぶ。花が咲く頃に願いが叶う。

短い橋を渡る前に1度止まって、心の中で願い事を唱え、渡りながらも同じように願い事を唱えます。渡り終えたら再度立ち止まって同じように願い事を唱えれば、願いが叶う。

蕾の花をガラスの花瓶に入れて、願いを込めて花瓶に青いリボンを結ぶ。花が咲く頃に願いが叶う。

シャーペンの芯を7本入れて、1辺1cmの正方形の紙に願望を書いたものを、細く丸めて入れる。芯を使い切った頃に願い事が叶う。

半紙を正方形の形に切り、願い事を筆ペンで書いた後に4つ折りにする。お守り袋を手作りして、その中に願い事を書いた紙と神社の小石を入れて持ち歩くと願いが叶う。

まつげが抜けて顔についていれば、そのまつげを右手の人差し指にのせ、願い事を3回唱えると願いが叶う。

正午ジャストに、音楽室で願い事を3回唱えると願いが叶う。

お香に火をつけ、サンダルウッドオイルをろうそくに塗り火をともす。友人の写真(写真がない場合はあなたと友人のフルネームを書いた白い紙でも可)を眺めながら、二人の思い出にひたる。水の入ったボウルの中に、塩をゆっくりと入れてください。塩が水の中に入っていく間に「わたしに連絡して」と何度も唱えながら、塩をすべて入れる。その後、キャンドルをボウルの横に置いて、燃え尽きさせましょう。写真はボウルの下に置く。水が蒸発して塩になるまで待つ。